モビット おまとめローン 審査落ち 比較 住宅ローン

モビットおまとめローン審査落ちの比較【住宅ローン】

モビットおまとめローン審査落ちの比較【住宅ローン】

モビットのおまとめローンと住宅ローンを比較した場合、審査落ちする可能性が高いのは圧倒的に住宅ローンのほうでしょう。

 

一般的に金利が低く、融資額が高いローン商品ほど審査落ちする可能性が高いと言われています。

 

つまり、モビットのおまとめローンより住宅ローンのほうが金利と融資額で有利な条件を提示しているわけです。

 

ただ、モビットのおまとめローンと住宅ローンはそもそもの使用目的が異なりますので、特に比較する必要はないかもしれません。

 

以下、モビットのおまとめローンと住宅ローンの審査条件を比較しながら、審査落ちする可能性について触れていきたいと思います。

 

モビットの公式サイトはこちら

 

勤続年数の比較

モビットのおまとめローンと住宅ローンは、どちらもある程度同じ職場で働き続けていなければ、審査落ちしてしまう可能性が高くなります。

 

具体的な勤続年数については公開されていないものの、モビットのおまとめローンは半年から1年程度の勤続年数がなければ審査落ちしてしまう一方で、住宅ローンは1年以上もしくは3年以上の勤続年数がなければ審査落ちしてしまうでしょう。

 

なお、多くの住宅ローンは勤続年数3年以上を条件として設定しているようです。

 

債務状況の比較

モビットのおまとめローンと住宅ローンは、過去および今現在の債務状況に問題がある人は審査落ちの対象としています。

 

モビットのおまとめローンは債務をまとめるためにあるのですが、あまりに借金残高が多かったり、過去に何度も返済を遅延したことがある人の場合、審査落ちする可能性が高いでしょう。

 

一方の住宅ローンも同様ですが、今現在借金がある人は住宅ローンの融資額を減額される恐れがあります。

 

↓↓↓借金の一本化におすすめ↓↓↓

モビットの公式サイトはこちら