モビット おまとめローン 審査落ち 比較 不動産投資ローン

モビットおまとめローン審査落ちの比較【不動産投資ローン】

モビットおまとめローン審査落ちの比較【不動産投資ローン】

不動産投資ローンとは、賃貸収入を目的としたアパートやマンション、一戸建ての購入にご利用いただけるローン商品です。

 

アパートやマンション、一戸建ての購入には多額の資金が必要となるため、不動産投資ローンは高額融資に対応しています。

 

それだけに、モビットのおまとめローンと比較すると不動産投資ローンは審査落ちする可能性が高いといえるでしょう。

 

ここでは、モビットのおまとめローンと比較して不動産投資ローンのほうが審査落ちしやすい理由を具体的に説明したいと思います。

 

モビットの公式サイトはこちら

 

収入の条件がある

一般的な不動産投資ローンは1000万円以上の融資に対応しているため、年収の低い人は審査落ちする可能性が非常に高いです。

 

多くの不動産投資ローンでは年収に制限を設けており、たとえばオリックス銀行が販売している不動産投資ローンは税込年収700万円以上の人を対象としています。

 

一方、モビットのおまとめローンは特に年収制限を設けておらず、「安定した収入がある」ことを条件としていますので、モビットのおまとめローンより不動産投資ローンのほうが審査落ちしやすいというわけです。

 

年齢の制限が低い

モビットのおまとめローンは満20歳以上69歳以下の人を対象にしていますが、多くの不動産投資ローンは満20歳以上という点では変わりないものの、上限年齢を50歳代後半にしているようです。

 

不動産投資ローンは多額の融資を提供しているため、モビットのおまとめローンと同じように上限年齢を69歳以下にした場合、完済時に80歳代になる可能性があります。

 

そうすると返済不能になってしまう恐れがありますので、モビットのおまとめローンより上限年齢を引き下げているのです。

 

↓↓↓借金の一本化におすすめ↓↓↓

モビットの公式サイトはこちら